就職先企業の選び方

2019年4月8日

いつも技術的な記事を書いているんですが、たまにはほかのことを書きたくなったので今日は自分の仕事に関する感想について書きます。

就職する企業、業界はどうやって選ぶべきか。

私は就職のときに自分の一番好きなことを仕事に選ぶか、自分が一番稼げることを仕事にするか悩みました。

そのとき大学のサークルで自転車に乗っていましたので、自転車業界に就職したら仕事が楽しめるかなと考えていました。

日本企業で世界に通用する自転車企業といえばシマノがありますよね。知っていますか。

シマノは一般人に知名度は低いですが、世界の自転車部品を寡占しています。就職活動のときはシマノへの就職も考えていました。

しかし、もし悲惨な職場についてしまったら、仕事がいやになる上に、楽しみたい自転車のことまで嫌いになってしまうなとも考えました。

そのときは自分お趣味を仕事にするべきではないなと思い、自分の一番稼げることを仕事にしようと思って外資系の会社に就職しました。

別に外資系が好きなわけじゃなかったけど、給料はものすごくよかったので趣味につぎ込める金額が増えていいなと思っていました。

自分のできる一番高給な仕事をしたが

大学を卒業して、自分がいける企業で一番高給な職についたわけですが、ものすごく忙しかったです。残念ですが、結果自転車には乗れなくなりました。

読んでいる人はそりゃそうだと思いましたよね。

私は趣味につぎ込む資金の源泉として仕事を考えていましたが、今思うとシマノに就職していたらどうだったんでしょうか。

私の専門は電気でしたが、シマノはバリバリ精密加工の企業です。しかし、就職から何年かしてシマノは電動シフトのコンポーネントを開発しています。

あのときにシマノに入っていたら電動コンポーネントのスタートアップにかかわれたんじゃないかなと思います。うーん。

現実はというと、外資系の高給料な企業に入った後、私は挫折して今の会社に転職し、忙しくて安月給の生活を強いられることになりました。

(このブログ書いている時間があるからまだまだいいほうなんだろうけど)

好きなことで食べていけたらいいよね

今になって思いますが、仕事は、好きなことして食べて行ければ一番いいですよ。

就職で迷っている人がいたら、自分の好きなことを仕事にしてください。受かっただけの大企業とか後悔します。

私の社会人人生もそろそろ折り返し地点を越えますが、仕事についてもう少し試行錯誤してみたいと思っています。